メーカー選びに役立つ濃度|体をサポートしてくれる亜麻仁油|毎日飲んで体質改善

体をサポートしてくれる亜麻仁油|毎日飲んで体質改善

メンズ

メーカー選びに役立つ濃度

女の人

濃度の情報

水素水を撰ぶ時は、濃度についてもチェックしましょう。同じ水素水でも製品によって、含まれている水素の量は違います。効き目をはっきり感じるためにも、濃度が高い水素水を選んだ方が効果的ですが、そもそも濃度に関する情報を明記していないと話になりません。信頼に値するメーカーは必ず濃度の情報もオープンにしています。水素水の理想的な濃度は飲む目的にもよりますが、一般的には0.8から1.0ppmが基準になります。水素水の濃度は最大1.62ppmまで濃くすることができますが、1.0ppmもあれば十分です。高濃度タイプは値段も高くなる傾向があるので、予算の問題も無視できませんが、あまりにも濃度が低い水素水は避けた方が無難です。

充填時と飲用時の濃度

自分にとってベストな水素水を撰ぶために、工夫することは色々あります。その1つは濃度情報に敏感になることですが、実は充填時と飲用時の濃度には差があるので気をつけて下さい。理想的な水素水は、飲む時に0.8から1.0ppmの水素濃度を保っています。いくら充填時に濃度が高くても、容器や保存方法に問題あれば開封時点で水素はぐっと減ってしまいます。水素の性質上、どんな方法を選択しても少しずつ抜けていくのは仕方ありませんが、容器に工夫するだけでも水素を抜けるのを防ぐことができます。例えばアルミパウチも水素が抜けにくい容器です。充填時は同じ濃度でもアルミ缶とアルミパウチにつめた水素水は、飲む時の濃度にかなりの差が出ます。